社員らの面倒見の良さが魅力です!

システム開発本部
マネージャー
J.K. (40)

まずはシステムエンジニア(SE)を目指したきっかけを教えてください。

前職は輸入卸の会社で営業として働いていました。
そこでWEBの仕事をしている人たちの姿を見て、手に職をつけるというか、
自分も何かしらの技術を身に付けたいと思ったのがきっかけです。
物事にコツコツと取り組む作業も苦手ではなかったので、
まったく未知の世界ではありましたが、
職業訓練校でJavaの研修を受けることにしました。

研修後、SEとして転職を?

未経験で入ったので、正直3年くらいは相当苦労しましたね。
ソース自体が英語と数字なのでなんとかそれを追いかけなければと思っていたのですが、
ある時フローチャートのようなものを日本語で書き起こす機会がありまして。
それで全体のイメージがつかめて、急にコードが読めるようになったんです。

マイプラスに入社した理由は?

社長と面談した際、信頼できる方だと思ったのと、
正当な評価をしてくれる会社だと感じ、入社を決意しました。
エンドユーザーと直接取引しているのも大きかったですね。
お客様と直に話ができること、上流工程に関わることで
スキルアップにつながると思いました。

今はどのような業務に携わっているのでしょうか?

お客様の会社で常駐し、クライアントの要望に合わせ、システム開発を行っています。
今年の春頃から、品質向上に役立つテストの自動化ツールをゼロから開発していて、
画面デザインの検討から設計、製造(コーディング)、
テストまですべての工程を請け負っています。

その仕事の大変さややりがいはどのようなところにあるのでしょう。

ユーザーの視点で使いやすく、理解しやすいものを
開発しなければならないという点でしょうか。
よく言われるんですが、使いやすさの究極は「マニュアルがないもの」だと。
マニュアルがなくても画面を見ただけで使えるものが優れているという意味です。
また、開発にかかるコストや効果も算出しなければならず、
どのような目的で、どのような効果を生み出すか理解していただくように
提案しなければならない難しさもあります。
何もないところから開発するという経験は初めてなので、
どこから手をつければいいのか(笑)という状態でスタートしましたが、
大変な分、楽しさや面白さを日々感じています。

今後チャレンジしたいことはありますか?

40歳という節目を迎えて、真のマネージャーを目指したいと考えています。
とはいえ、5年後、10年後の自分がどうなりたいか、まだまだ考えている最中なんですが(笑)。
ただ、自分の強みは前職で培ったコミュニケーション力だと思っているので、
技術力と対人力、両方バランスの取れた人間でありたいとはいつも思っています。

最後にマイプラスの魅力を教えてください。

立場に関係なく、自分の考えを気軽に発言できる雰囲気ですかね。
例えば、自分が言ったことに、きちんと反応を返してくれる。
共感や賛同を周囲がきちんと伝えてくれるんです。
社員らの面倒見の良さも魅力。
自分が忙しくても、仲間のため、会社のために動く姿を見て、
自分も貢献しなければといい刺激を与えてもらっています。