MYPLUS Co.,Ltd.
menu icon
社内ブログ 社内ブログ

BUSINESS

事業案内

RPA
業務自動化システム
RPA導入支援事業
当社では、RPA (Robotic Process Automation)の活用を推進しています。
RPAとは、これまでヒトにしかできなかったルーチンワークを、ロボットに記憶・代行させ自動化するもの。
RPAを導入し、軌道に乗せるまでは、様々な障壁が存在します。
そこで、当社ではRPAの導入、運用までのサポートを実施しております。
それぞれのお客様の抱える課題をお客様とともに解決してまいります。
RPAコンサル事業
2025年までに、1億人の知的労働者がRPAに代替されるといわれます。
事務作業をロボットが代行することで、コスト削減・品質向上・業務スピードも短縮。
お客様の問題に対する最適なソリューションを「RPAの活用」 すなわち 「人間と機械脳の役割分担」
の観点からご提案いたします。
RPA RPA
RPA導入のメリット

手のかかるルーティンワーク

Routine work

RPA導入

RPA導入

ビジネス課題が劇的に改善!

Dramatically improve business challenges

人手不足解消

人手不足解消

時間を取られていた単純作業をロボットが24時間フル稼働で代替。他の作業に集中できます。

人為的ミスゼロへ

人為的ミスゼロへ

ロボットなら、決められたルールを正確に実行するため、思わぬミスがなくなります。

導入は簡単

導入は簡単

特別な環境構築は不要。
短時間・低コストで導入可能です。

CASE STUDY

導入事例

01
手作業での集計を全自動化
毎日、手作業でExcelデータを転記……
RPA導入
ファイル作成作業が不要に。
毎日自動でデータが届く。
02
注文の在庫確認を自動に
定期的にメールチェック。
注文が届いてから在庫を確認……
RPA導入
在庫確認を自動化。
メールチェックが不要になり、100%自動運転に。
03
手書き書類のシステム化
手書きの申込書を、手作業でシステムに転記……
RPA導入
OCR(光学的文字認識)導入で7割以上を自動化。
手作業が減少。
next case previous case

1

3

地域DX
IT人材不足の深刻さは悪化の一途を辿っています。経済産業省の報告によれば、
2030年段階で79万人不足するといわれています(引用:IT人材白書2020/
独立行政法人情報処理推進機構社会基盤センター)。
また、日本のIT人材は東京への集中が顕著で、全体の約50%もの人材が
東京で就業しており、地方でのデジタル化推進の人材不足が日本のDX推進の
ボトルネックとなっております(引用:我が国におけるIT人材の動向)。
マイプラスは、三つの事業を組み合わせ、地方、
日本のIT人材の発掘に努め、地域DXの要となる企業を目指します。
地域DX 地域DX
IT未経験者育成事業

IT未経験者育成事業

地方でのDXを加速するべく、地方でのIT人材の育成、発掘を進めて参ります。
具体的には未経験者を対象としたセミナーの開催、未経験者の積極採用を実施しております。

DX人材育成事業

DX人材育成事業

DXの推進には、リーダーとなるべき人材が必要です。
DXの要となる人材を育て、地域全体のDXを推し進めてゆきます。

小中高IT教育事業

小中高IT教育事業

GIGAスクール構想の進展により、小学校でのプログラミング教育が始まりました。
マイプラスは公教育にプラスをと考え、より実践的に使えるIT知識を学生に伝え、地域のITリテラシーの向上に貢献します。
2022年延岡開発センターを開設しました。
延岡開発センターは地域DXの要となります。
宮崎県立地企業の認定も受け、地域に根差した形でDXに貢献していけるように、より一層拡充してまいります。

延岡開発センター延岡開発センター

Opened

延岡開発センターを開設しました!

2022年延岡開発センターを開設しました。
延岡開発センターは地域DXの要となります。
宮崎県立地企業の認定も受け、地域に根差した形で
DXに貢献していけるように、より一層拡充してまいります。

受託開発

受託開発

受託開発

業務システム開発事業

当社は、通信業界において携帯電話の草創期から開発に携わってきた
専門性の高い技術者を擁しており、各種通信プロトコルの開発や
システム導入などに豊富な実績と強い自信があります。
また、金融業界においてもメガバンク向けの
インターネットバンキングシステム開発をはじめ、401Kシステム、自動車
保険システムなど、幅広く金融業務に携わった経験を持つ、
専門性の高い技術者を擁しています。
見積から開発、運用・保守まで、お客様のシステムを強力にサポート。
これまでの開発実績を活かしつつ、新たな業界・分野でも
一環してシステムをお任せいただけるよう、
業界知識を活かして技術研究を進めています。

システム検証事業

当社は、業務システムの品質を検証する業務も行っております。
QA(Quality Assurance)エンジニアも多数在籍し、
お客様の業務システムの品質向上のため、
日々検証能力の向上に努めております。また、
自動化などテスト工程の効率化のご提案も積極的に行っております。

AI開発

AI開発

AI

AIラボ

2016年、社内に AIラボラトリーを開設。古典的な
ニューラルネットワークをはじめ、統計的手法や自然言語処理などを
組み合わせ最適化した、独自の機械学習アルゴリズムを導入。
「現場で生かせてこその研究成果」を信念に、
システム開発現場で役立つ独自のAI技術開発を進めています。

先進EC事業

マイプラスは、新事業として先進EC事業を立ち上げました。
全事業者が低障壁で利用でき、かつ高機能なECフォーマットを
提供することを目標とし、日々研究を重ねています。

リモート開発

リモート開発

リモート開発

リモート開発推進事業
(延岡開発センター・出雲開発センター)

当社は、地方にリモート開発センターを開設しています。
具体的には東京本社のほかに福岡事業所を開設。
また製造・テストの拠点として、島根県出雲市に出雲開発センターを
開設しました(株式会社アイティープロデュースとの協業)。
さらに、地域DX事業の拠点として、2022年
延岡開発センターを開設しました。

4つのメリット
国内リモート開発のメリット

COST

首都圏拠点や海外拠点と比較して
高いコストメリット

SECURITY

共通ルールを遵守し、高い意識で
情報セキュリティー管理を遂行可能

COMMUNICATION

同じ文化圏、同じ言語のため、双方向
の密な意思疎通が可能

QUALITY

安定したMade In Japan品質を提供可能