トップ > 事業案内
事業案内
RPA
事業案内

当社では、RPA (Robotic Process Automation)の活用を事業戦略として推進しています。RPAとは、これまでヒトにしかできなかったルーチンワークを、ロボットに記憶・代行させ自動化するもの。システム開発における「高品質」と「高生産性」の両立を実現するため、RPAを適材適所で活用した開発プロセス改善に取り組んでいます。

2025年までに、1億人の知的労働者がRPAに代替されるといわれます。事務作業をロボットが代行することで、コスト削減・品質向上・業務スピードも短縮。お客様の問題に対する最適なソリューションを「RPAの活用」すなわち「人間と機械脳の役割分担」の観点からご提案いたします。

RPA導入のメリット

手のかかるルーティンワーク

データ入力データ入力
メール配信メール配信
請求書作成請求書作成
ファイル作成ファイル作成
RPA
導入
ビジネス課題が劇的に改善!
ビジネス課題が劇的に改善!
人手不足解消

人手不足解消

時間を取られていた単純作業を、ロボットが24時間フル稼働で代替。他の作業に集中できます。

時間短縮!
人為的ミスゼロへ

人為的ミスゼロへ

ロボットなら、決められたルールを正確に実行するため、思わぬミスがなくなります。

品質アップ!
導入は簡単

導入は簡単

特別な環境構築は不要。短時間・低コストで導入可能です。

コスト削減!
導入事例
手作業での集計を全自動化
導入前
導入前
毎日、手作業でExcelデータを転記……

RPA導入

導入後
ファイル作成作業が不要に。毎日自動でデータが届く。
導入後
注文の在庫確認を自動に
導入前
導入前
定期的にメールチェック。注文が届いてから在庫を確認……

RPA導入

導入後
在庫確認を自動化。メールチェックが不要になり、100%自動運転に。
導入後
手書き書類のシステム化
導入前
導入前
手書きの申込書を、手作業でシステムに転記……

RPA導入

導入後
OCR(光学的文字認識)導入で7割以上を自動化。手作業が減少。
導入後
AIラボラトリー
AIラボラトリー

2016年、社内に AIラボラトリーを開設。古典的なニューラルネットワークをはじめ、統計的手法や自然言語処理などを組み合わせ最適化した、独自の機械学習アルゴリズムを導入。

「現場で生かせてこその研究成果」を信念に、システム開発現場で役立つ独自のAI技術開発を進めています。

通信システム開発
通信システム開発

当社は、携帯電話の草創期から開発に携わってきた専門性の高い技術者を擁しており、各種通信プロトコルの開発やシステム導入などに豊富な実績と強い自信があります。

新たなインフラやIT機器が次々に登場する昨今においても、これまでの実績を基盤に日々技術を高め、確かな技術で「ものづくり」をサポートします。

金融システム開発
金融システム開発

メガバンク向けのインターネットバンキングシステム開発をはじめ、401Kシステム、自動車保険システムなど。幅広く金融業務に携わった経験を持つ、専門性の高い技術者を擁しています。

見積から開発、運用・保守まで、お客様のシステムを強力にサポート。これまでの開発実績を活かしつつ、新たな業界・分野でも一環してシステムをお任せいただけるよう、業界知識を活かして技術研究を進めています。

ニアショア開発
ニアショア開発

当社では、地方都市在住エンジニアの開発力を積極活用すべく、ニアショア開発拠点の設置を進めています。具体的には、東京本社の他に福岡事業所を開設。主に製造・テストの拠点として、島根県出雲市に出雲ニアショア開発センターを開設しました(株式会社アイティープロデュースとの協業)。

「首都圏拠点での開発」と「オフショア開発」との折衷策である「ニアショア開発」にはさまざまな利点があります。